satoe kuwahara jp
Windows8お披露目。開発者参加の環境に日本のIT化を考えた-9月13日週振り返り

マイクロソフトBuildとWindows8お披露目など、9月13日からの1週間に感じた「ソーシャルの時代とIT化」について書きました #windows8 #social #BPM #security

 

 

Windows8お披露目。開発者参加の環境に日本のIT化を考えた-913日週振り返り

 

 913日~16日、カリフォルニア州アナハイムでマイクロソフトの開発者会議が開かれた。新しいイベント“Build”。イベントのメッセージは“Use What You Know, Do What Youve Imagined”。スティーブ・バルマーCEOがいつも”Developer, Developer, Developer”と叫び、”開発者がアプリケーションを介して、イノベーションを起こす“と熱く語りかける。そんなマイクロソフトらしい言葉だ。

 初日のキーノートには冒頭、Windows&WindowsLiveの責任者Steven Sinofskyが登場。いつもと同じグレーのセータ姿でWindows8を披露した。WindowsPhone7.5Mango”でも見た“Metro”画面。四角いタイル型アイコンが並ぶ。タブレット利用を前提にしたマルチタッチOS。“今の時代の利用(顧客体験)”を前提にインタラクションが新しくつくられ、その手段としてマルチタッチが使われている。モバイルと組合せ、クラウドにつなぎ、ビデオや写真、テキストが混在する。複数のアプリケーションが複数の端末をシームレスに行き来する利用シーン。驚くほど軽い起動、切れ味のよい画面移動。デモを見るだけで、想定する「世界が違う」と気づく。むしろ「Windowsだから」と従来と機能比較をしたり、iPadと比べた動作の違いを指摘したりしていると、世界観を見失い、特徴が分からなくなる。

 Steven Sinofskyのキーノートと同時に、開発者向けプレビュー版のダウンロードが始まった。キーノートのストリーミング画面すぐ下にリンクがある。会場では参加者に“Windows8に最適な構成”のサムスンのタブレット(スレートPC)が配られた。Windows7発表時と同じ。あの時はAcerだった。「すぐにこのPCWindows8を使い、アプリケーションを動かし、開発を始めて欲しい」という気持ちが伝わる。実際、カンファレンス会場では、あちこちで参加者が箱を開ける姿がある。翌日には大半の人が端末を持ち、使い込んでいる。

 Windows7の発表当時のインタビューで、Steven Sinofskyは「世界の至る所で、もっともたくさんの人に使われるWindowsという製品を出すことの責任」を語っていた。そして、ひとつの答えが世界中の開発者を初期段階から巻き込んでいくスタイルだった。構想段階からブログでプランを述べ、開発者達の意見を積極的に聞き、初期段階から開発版を提供し、フィードバックを求める。開発者やパッケージ・ベンダー、ハードウェア・メーカーなど、世界中のあらゆる分野のエンジニアがマイクロソフトの開発に参加する。そして、開発者向けプレビュー版が提供される。製品版出荷時には大量の開発済みアプリケーションが揃う。既存資産との共存検証や連動も整う。

 今で言う「ソーシャル・モデル」をIT化で最初につくったのは、マイクロソフトだと思う。開発者は誰でも必要な情報を得て、製品を使うことができる。開発者の所属は関係がない。コミュニティにおけるアクティビティだけが評価を決める。今では見慣れた構図、しかし開発者を尊重するマイクロソフトの姿勢とよく合致し、他にない環境を作り出している。ただしこれは逆に、自ら行動しなければその場に参加することも、情報を得て、よりよいアプリケーションを開発することもできない、ということを意味している。マイクロソフトが示した世界は、メーカーにはビジョンを自らの言葉で提示し、すべての情報を透明化することを必須とし、開発者には主体的な行動と、それに見合う技術力を求める。IT化の姿が変わる。

 これに関連して3つの印象深い出来事があった。ひとつはオープンソースのBPMBonitaSoftが追加投資を受けたこと。BPMはオープンソースによく合う。企業間の利用などで最低限の機能を無償で得られる。ソースコードが公開されるから、アダプターを利用企業が個々につくり、コミュニティで共有できる。業種別、目的別などの共通ルールエンジンやプロセスもつくれる。BonitaSoftの報道にネット上には多数のお祝いが書き込まれた。開発者達だった。

 もうひとつは、シャープのガラパゴス。独自OSを搭載した初期モデルを出荷終了する。一斉に事業撤退と報じられた。昨冬発売で初夏には独自OSをやめ、Andoroidへの“更新ソフト”を提供。しかし、提供は遅れ、説明もないままにAndoroid純正製品を先に発表。しばらくして更新ソフトが出た。何もかもが突然で事前の説明もない。シャープはガラパゴスを「顧客と直接接点を持つサービス事業」と言っていた。しかし、今の時代に顧客との信頼をつくるのは第一に、情報の透明化であることをシャープの例は表している。

 そして3つめは、クラウドで続いたトラブルや続出するサイバー攻撃への対応。海外ではいずれも、いち早く事態を認め、詳細の情報を提供する姿があった。サイバー攻撃では、「攻撃を受けたことが問題なのではなく、観戦を隠すことで被害を広げる方が問題」との共通認識が生まれている。クラウドの事故も同様。止めたこと以上に、その事実について十分な説明をしないことが不信を抱かせる。多くの開発者がいて、クラウドや個々のシステムがある。システムが相互につながって、全体のシステムが成り立つ。主体性の意味とIT化の変化を実感する1週間だった。そして、そんな1週間があけた月曜日、三菱重工へのサイバー攻撃の記事が載った。

*このコラムは毎週発行している「Sapporo Sparkle Activity Report 9月20日版」に掲載したものです。 レポートをご希望の方はぜひ、お知らせください。

  1. satoekuwaharajp posted this